「もうずっと、先生の笑顔を見てなかった。塾から帰る先生はいつも疲れた顔で、休日に出掛ける先生は少しも楽しそうじゃなかった。彼をそんな風にしてしまった原因は夢を奪った私にあるんだとーーずっと苦しかった。でも、アンタと出会ってからの先生は違った。私の大好きな笑顔で、優しい目で、アンタを見てた」


早口な彼女の言葉を、口を挟まず聞いていた。



「ここ最近ずっと穏やかな顔をしていた先生が、怖い顔をした時があった。私も見たことない、冷たい目をしてた」


冷たい目。
それは身に覚えがある。



「アンタと他の男と歩いてた時、先生は怒っていた……今の先生は、アンタのために笑って、アンタのために負の感情を露わにするんだね。私がどんなに彼を罵っても、先生は1度も声を荒げなかったし、申し訳なさそうにしてだだけなのに」


鋭い眼光であったはずの有明さんの目から、雫が垂れた。



「菱川先生を変えたのは、アンタだって、認めざるを得ないんだよ!」


「…っ、」


無理矢理に腕を引っ張られ、立ち上がったところで、今度は思いっきり頰を殴られた。


有明さんがしていた指環が、頰に食い込む。


「もう2度と、菱川の前にも、アンタの前にも姿を見せねぇから安心しろ」


「有明さん…」


どうにか口を開き、彼女を呼び止める。


「色々と、悪かったな」


しかし有明さんは振り返ることなく、大股で行ってしまった。

すぐに店員の方が駆け寄ってきたけれど、私は彼女の寂しそうな後姿を最後まで見送った。


この作品のキーワード
年の差  女子高生  塾講師  先生  野いちご大賞  じれじれ