2月に入り、街はバレンタインデーに備えてハートのオブジェが飾られるなど装飾がされていた。

大きめのハートのオブジェの前でツーショットを撮ったカップルは永遠に結ばれるというジンクスは、私が小学生の頃には既に広まっていた。


毎年自分には関係ないことだと見向きもしなかったけれど、菱川先生はイベントを大切にするタイプだと以前言っていた。
今年はチョコを用意しようと思う。


先生へのお誕生日プレゼントは決まらず、まだおめでとうさえも言えていないから、バレンタインデーの日に絶対に渡すと決めていた。


料理は昔からしているが、お菓子作りはしたことがない。簡単なカップケーキくらいなら作れるとは思うが、無意識にバレンタインデー手作りチョコ特集の雑誌を立ち読みしてしまっていた。


バレンタインデー。
チョコを渡すことが目的ではなく、好きな人に愛を伝えることが趣旨だろう。
菱川先生にはもう私の気持ちを伝えてあるけれど、再度伝え直すことも大切かもしれない。


佐渡先生に、負けないためにも。


勝手にライバル意識を燃やしていた。

この作品のキーワード
年の差  女子高生  塾講師  先生  野いちご大賞  じれじれ