來夢は引き出しにしまった小さなパンダの置物を取り出した。

 縁日の日に雪也が射的で取った景品だ。

 手の平の上でパンダを転がす。

 ベッドの上に投げ出したスマホが鳴った。

 液晶画面にスマホを鳴らせた相手の名前が表示される。

 松田 将樹

 來夢はその文字を一瞥すると視線をまた手の平のパンダに戻す。

「ランラン、なんで雪也は連絡くれないんだろうねぇ、忙しいのかなぁ」 

 手の平の上のランランはつぶらな瞳で來夢を見上げた。

 その片目が少し潰れていた。