『りっちゃん』

あたしをそう呼んで、いつでも優しく笑うミチルさん。

真冬のコタツ布団みたいに、ぬくぬくで。ほっかほか。

他のどこにも行く気にならない。

失くなったら。きっと凍えて寒くて、・・・生きていける?


だから。

降る雪をすべて溶かしてくれそうな、その愛だけで。

他に何も要らなかった。




ウソも真実も。




◆◆◆おかげさまで、ランキング入りしました。
すべての読者様、ずっと応援してくださってるファンの皆様に感謝します◆◆◆

◆まよえた様、レビューありがとうございます◆




※本文の改行など、修正更新します。内容変更はありません。(2019.10.7)



この作品のキーワード
大人  極道  切ない  真実