向かいの部屋に住む彼は



大人で──────



遊んでて─────



少し怖くて─────



私とは住む世界が違う人だって思っていた。


でも、あの時入れてくれた一杯の


レモネードが


忘れられなくて


気になって



「子供は対象外だから」



そう突き放したくせに─────


「梓葉」


そんな風に優しく呼ぶから



──────────────────゚☆+.゚☆+゚

岡部 梓葉(オカベ アズハ)

どこにでもいる普通の女子高生

×

矢吹 授久( ヤブキ サズク)

梓葉の家の向かいに住む
エリート会社員

゚☆+.゚☆+゚──────────────────




「矢吹さんのこともっと知りたいです」



不意に見せる、笑顔とか



ハッとして離す、手とか



「俺は多分、悪い大人だから」


「梓葉の嫌がること、しちゃうかも」




それでも──────



水にじわっと溶けたレモンシロップの味を



私はずっと、覚えているから




「俺、全然大人じゃないよ」




この作品のキーワード
胸キュン  大人  年の差  社会人  高校生  ドキドキ  溺愛  イケメン