彼女は、綺麗だった。


短い黒髪は桜のような香りを放ち、

真っ直ぐに僕を見つめるその瞳はまるでラムネの中に入っているビー玉のように輝いていた。

赤く染めた頬は、静かに舞う紅葉のようで、



そして彼女の放つ「愛している」は雪よりも切なく、美しすぎていた。




彼女は、とても、綺麗だった。










。°.。❅°.。゜ . .。゜.❆。・。。❅ ❀ 。°.。

桜のように儚く、冬のように切なすぎる心憂いラブストーリーに号泣必至。



僕らは、記憶を辿って愛し合う____。

あらすじ

交通事故に遭い、二ヶ月間入院していた春(しゅん)の家に、ある夏の夜突然一人の少女、春(はる)が訪れた。
図々しく自由奔放だが綺麗な見た目のその少女に、しゅんは一目惚れしてしまう。しかしそんな彼女は病気を患っていた。友人から、しゅんの彼女だったということを聞き、再び恋人となり二人は新しい日々を築いて行く。

この作品のキーワード
野いちご大賞  感動  恋愛  泣ける  切ない    病気  号泣