ぺしゃんこになりたい

俺が死んだときに
棺桶持ち上げてくれる誰かが

「中身入ってるの?」

そう言ってくれたら嬉しい





平成最後の夏

摂食障害と診断されました



あらすじ

誰かと笑ってご飯が食べられること。

それは当たり前のようで
当たり前ではないと気付いた15の夏。

それから3年、やっと打ち明けられた。

15歳の俺へ。
今幸せだと言うことをここに綴ります。


目次

この作品のキーワード
摂食障害  過食嘔吐  拒食症  精神疾患  死にたい  実話  リストカット  生きる  勇気  助けて