アリアが厨房の片付けをして店内に行くと、エマがテーブルで一枚のチラシを見ているところだった。
 その瞳はとても真剣で、何か考え事をしているようだ。
(声はかけない方がいいかな?)
 邪魔をしてしまうだろうか。
 アリアがそう考えていたら、先にエマに見つかってしまい声をかけられてしまった。
「片付けご苦労様、アリアちゃん」
「お疲れ様です」
 先ほどの悩んでいるそぶりが一切なく、エマの顔に待っていました!と書かれているかのようだ。

 エマは見ていたチラシを、アリアに見えるようにテーブルに置き直す。見てもいいということだと判断し、アリアはエマの向かいに腰を落ち着かせる。

この作品のキーワード
恋愛  料理  のんびり  ほのぼの  日常  転生王女  皇帝