早朝のしあわせ食堂には、料理の下ごしらえをしているアリアとカミルのトントントンと軽やかな包丁の音が響く。
 カレーに入れるための野菜が準備できたら、あとは調理だ。今はカミルに任せることができるため、完成までを担当してもらっている。

 アリアは一階の店舗スペースから二階の居住スペースへと行き、シャルルの部屋をノックする。
「おはよう、シャルル。朝ごはんだよ」
「おはようございます、アリア」
 部屋の中から出てきたシャルルは、真冬だというのにどこか暑そうにしている。それは彼女が毎日鍛錬を欠かさず、今も部屋でストレッチをしていたからだ。
 アリアの侍女になる前は騎士団に所属し、今は侍女をしながら騎士もこなす。戦闘面で特に頼りになる、大切な存在だ。

この作品のキーワード
恋愛  料理  のんびり  ほのぼの  日常  転生王女  皇帝