「やあ、花子サン」

『やあ、太郎サン』



学校も好きな食べ物も、名前すらも知らない。

ただ海辺で話すだけの不思議な関係。



互いのことを知らないからこそ、

ありのままの自分でいられる。





「花子サン、巻き込んじゃってごめんね」





だけど、不可抗力というもので、

彼が何者か知ってしまった。










この作品のキーワード
暴走族  喧嘩  幹部    秘密  イケメン  美少女