****

 珍しく残業になってしまった夜、コーヒーでも淹れてひと息つこうかと給湯室に入った。流し台の対面にある食器棚に、必要に応じて各自カップを持ち込んでいる。私ももちろん、置いてあったのだが。

 見当たらなくて探したら、ゴミ箱の中に捨ててあった。ため息をついてカップに手を伸ばす。白地にネイビーのボーダーの入った、百円均一の店で買った安物だ。見れば、取っ手がぽろりと落ちていた。


「……やることが小学生」


 誰かがわざとやったのだろうと、確信してしまう。というのも、このところ、乾燥防止にデスクの上に置いてあったリップやハンドクリームが、立て続けに姿を消した。ハンドクリームはネットで買ったちょっと珍しいもので、ハーブの香りが気に入っていたのでショックだった。

 いやいや。悪くばかり考えるのはよくない。もしかしたら、誰かが自分のカップを取ろうとして誤って私のを落としてしまったのかも……そんなわけないか。

 だって、カップには皆名前が書いてあるし私も当然、底に書いてある。間違って割っただけなら、ひとこと謝りにでもくるはずだ。
 これって、窃盗とか物損とか、なんか訴えようと思えばできてしまうのでは?
 けど、誰に言うか……それに言ったところでどうにかなるものでもない気がする。

 虐めや嫌がらせの類というのは、『やめろ』と言われて簡単に止まるものでもなくて。上司、学校で言えば教師の立場は解決不可能な現象は嫌がるものだ。だとしたら自分でなんとかするしかない。