「今日はいい天気ね」


起きてすぐに、うーんと伸びをする。
四月も半ばになり、随分気温も上昇してきた。

窓から差し込む暖かな朝日を浴びてから、早速出社の支度を始める。

私、高遠鈴乃(たかとおすずの)の朝は、毎日忙しい。

顔を洗ったあと、すぐにコンタクトを入れる。
就職するまではメガネを愛用していたけれど、最近は家でゴロゴロしているとき以外はコンタクトと決めている。

お気に入りのシャツは第一ボタンを外し、鎖骨がきれいに見えるように。

清潔感を意識した紺のタイトスカートは、座ったときにまくれ上がりすぎないように膝上五センチをチョイス。

ダークブラウンの胸のあたりまである髪は緩くパーマをかけてあり、ドライヤーとくしで軽くセットするだけでいい感じに仕上がる。

メイクはプチプラ化粧品を使ってシェーディングをしっかりと。
これをすることで小顔に見える。

だけど、アイメイクや口紅はあくまでナチュラルに。
〝化粧をしてます〟というメイクはあまり好きじゃない。


「これでいい?」


毎日、全身が映る鏡に問いかけて確認するのは、いつまでたっても自信がないから。

この作品のキーワード
オフィスラブ  甘々  御曹司  独占欲  結婚  新婚