カーテンの隙間の明かりに、朝になっている事に気付く。
 腕の中に、彼女が居ることが、不思議でもあり、嬉しさを隠しきれずギュッと抱きしめた。

 額へと手を当てる。夕べよりは下がった気がするが、まだ熱い。


 額に手を当てたままでいると、彼女が薄っすら目をあけた。
 微かに驚いているのが分かったが、あえて気付かぬ振りで、さらりと言葉を返す。


「病院行きましょうか?」

 俺は、落ちついた声を彼女に落とした。
 当然、彼女を抱いているのだから気持ちは動揺しているのだが。


「いいえ、大丈夫よ。それより仕事に行かなきゃ」

 やはり、思った通りの言葉が帰ってくる。


「この体で仕事は無理です」

 少し、厳しめ言う。


 本当に手のかかる人だ。
 俺は、彼女が言い返せないよう理由を並べて、半分強引に彼女を休ませた。


 そして、俺も部長に遅刻の電話をする。
 布団の中の彼女が何だか騒ぎ出したが、人差し指を彼女の唇に当てる。
 なんだか、いい光景に内心ニヤリとしていた。


「朝早くにすみません。朝、少し遅れます」

 俺はそれだけ言った。理由を突っ込まれると思っていたのに。


「ああ、わかった。お大事にな……」

 と部長は言った。


 電話を切ったあと、なんだか腑に落ちない違和感があった。


 だが俺は、てこずる彼女を病院に連れて行く事に必死だった。