まばゆいばかりのエレンの姿は、誰に訪ねずとも、すぐに見つかった。
 エレンは薄汚い男に腕を取られ、半ば覆いかぶさられるような格好になっていた。
「あの馬鹿っ!」
 目にした瞬間には、声を張っていた。
 俺がひと睨みすれば、港のゴロツキは蛇に睨まれた蛙のようになって、早々に退散した。
 エレンが無事に見つかったのだから、これでなんの問題もないはずだった。けれどなぜか、俺の怒りはおさまらなかった。
 胸の中で、もやもや、ムカムカとした思いが渦巻いていた。
 そんな俺を、エレンがチラリと上目遣いに見上げてきた。
 その瞬間、ブワッとした熱が全身を巡り、顔がのぼせたかのように熱くなった。気づいたときには、エレンを肩に担ぎ上げていた。