その家は、代々その家に仕えるというしきたりがあった。


これで、本当によかったんですか?

家のしきたりを守るということは、家を守るということでございます


大きな屋敷に、黒い影。


物音がしたり、物がなくなったり

誰かに見られているような視線も感じたことがございます


春の風と共に、二人の生活が始まった。

あらすじ

私の勘違いかも知れませんが……時々、気配がするのです。

目次

この作品のキーワード
ホラー  短編  黒髪  主従