ほんの二週間ほどで季節が急ぎ足で過ぎ去り、だいぶ秋めいてきた十月下旬。
オフィス街の空気は、昼間でも、少し冷たく感じられるようになっていた。


私は、同期五人と連れ立って、オフィスビルから出た。
先週の金曜日、お給料が入ったばかりだ。
財布が潤っているこのタイミングで、他部署に所属する同期たちと、外食ランチに出かける恒例イベントを、私は毎月楽しみにしている。


『同期会』ほど改まって企画する必要はなく、なにも面倒はない。
LINEで誰かが『来週どう!?』と声をかければ、仕事に都合がつくメンバーが、わらわらと賛同する。


LINEグループは六人。
近隣の商業施設のオープン時間に合わせて休憩に入れば、全員が参加しても、予約なしでも待たずに席に案内してもらえる。


今日、私たちが向かったのは、隣のビルにあるアメリカンスタイルのレストランだ。
サラダバーとステーキのランチセットが名物の、超人気店。


サラダバーのカウンターには、新鮮な色とりどりの野菜がずらりと並んでいる。
ポテトやマカロニ、ゴボウのサラダは、いつ来てもある定番。
今は季節メニューの、鮮やかな黄色のパンプキンサラダが人気の様子。


ここに来ると、私はいつも欲張ってサラダを盛ってしまう。
その上で、メインに二百グラムのステーキ。
高級なフィレ肉だから、結構ペロッといける。