私はただ、透明な水になりたかった。

あらすじ

小さい子の町にある、一番大きな屋敷。そこでは一人の少女が毎日のようにプールで泳いでいた。


それを知ってから、僕は秘密の逢瀬を繰り返している。



ーーなぜ彼女が泳ぐのか、考えもしないで。

目次

この作品のキーワード
純愛  悲恋  切ない  泣ける  不思議  純愛  訳あり