「香澄、起きてごらん」
慧に肩を揺すられて、ゆっくりと目を開けると、彼が飛行機の窓を指差した。
「島が見えてきたよ」
その声ではっきり目が覚める。
窓の外を見れば、エメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島が目に映った。
「うわあ、綺麗〜!」
思わず歓声を上げる。
こんな綺麗な海を見るのは生まれて初めてだ。
慧が赴任してきてから早いもので一ヶ月経った。
今はGW中で会社はしばらくお休み。
彼とこれから行くのは、沖縄にあるとある小さな島で、そこに蓮見不動産が開発した会員制リゾートホテルがあるらしい。
オープン前に私と慧が旅行もかねて視察することになったのだ。
飛行機のシートは二十席くらいあるのだが、乗客は私と慧だけ。
多分、この飛行機がその小さな島へ行く直行便だからだろう。