゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚


好きだった。


幼い頃から、ずっとキミだけを見てきた。


あたしの中のこの気持ちに、やっと気がついたのに。


キミはすでに、ほかの人を見つめていたーーーーーー


゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚


いくら幼馴染でも、いつかはその関係に終わりが来るんだってこと、わかってたのに。


もう……全てが、手遅れだったんだ。


゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚


続編【キミのいない雨上がりの空に、虹なんてかからないから。】

番外編【雨が降っても、槍が降っても。】

公開中です。


゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚



【七つ下がりの雨だって、いつかは上がってしまうのに。】



゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚

この作品のキーワード
短編  失恋  幼馴染      相合傘  切ない  七つ下がり    片想い