**


寒い寒い雪の夜。

シスターである私の前に現れたのは、
神に祈りを捧げる気などさらさらない

鋭く、儚く、美しい


ーー“死神”を名乗る青年だった。


**


ヴァンパイアの血を封じて生きるシスター
レイシア

×

漆黒のコートをまとう素性不明の青年
シド


**


「俺の血を飲め。
ーーお前になら、好きにされても構わない。」


そんな甘い言葉に惑わされ
私は今宵、貴方の腕に落ちていく。

必然のように生まれた恋情が
首筋に突き立てた牙を通して伝わればいいのに。


ヴァンパイアと人間が共存する
世界で巻き起こる

異世界マリッジファンタジー


ーーー
ーー


*読者様100人突破!2019.4.17

*野いちご ランキング入り
総合ジャンル 86位 2019.4.21
ファンタジージャンル 2位 2019.4.21

*ベリーズカフェ ランキング入り
総合ジャンル 74位 2019.4.21
ファンタジージャンル 5位 2019.4.19

誠にありがとうございます。


START*2019.2.2
END*2019.4.11

この作品のキーワード
ヴァンパイア  シスター  じれ恋  両片想い  政略結婚  イケメン  主従  身分差  俺様