彼氏と結婚の話まで進んだのに、なんか違うしいろいろ上手くいかない。
このまま結婚して大丈夫なのかな?

そんな私の愚痴を黙って聞いてくれる同い年の江藤くん。

「あのさ、俺が結婚式に乗り込んで、ちょっと待ったー!って奪いに行ってあげようか?」

なんだそりゃ。
そんな優しい冗談を言ってくれるのは江藤くんくらいなものだよ。

辻野 萌(26)

私は今、超絶悩んでおります!

**********

このお話は、以前公開していた同タイトルの作品を、構成・内容をそのままに、まるっと書き替えたものになります。

この作品は他のサイトにも掲載しています。

あらすじ

正広と結婚の話まで進んだのに、知れば知るほど嫌な面が引き立って見え、日々モヤモヤイライラの萌。このまま結婚していいのだろうか。そんなとき、社内で同い年の江藤に“本当に好きなの?”と問われ心が揺れ動く。母親からも、“自分が幸せになる選択をしなさい”と。正広との結婚をやめることにすると、今度は江藤から告白を受ける。婚約破棄の後処理、江藤との関係、萌の怒濤の日々が過ぎていく。

この作品のキーワード
オフィスラブ  胸キュン  ドキドキ  同い年  結婚破棄