翌日の水曜日。
平日にも関わらず、私は学校の制服ではなく外出用の私服に着替えた。慌てて準備をする私。

ちなみに今日の私服は明るめのベージュのコートに白のブラウス、そして明るい青色のフレアスカート。

今年の春に誠也さんと一緒に買い物に来たとき買って貰った私の服だ。
ちょっぴり大人になった気分で私は好き。

珍しく髪もセットしようかと思ったけど、ちょっぴりめんどくさかったから、黒のニット帽をかぶってごまかした。

と言うより、寝坊して髪のセットどころじゃなかった。

待ち合わせ時間はとっくに過ぎている。

この作品のキーワード
いじめ  家族  辛い  友達  居場所  親友  高校生  切ない