人はだれしも一つだけ

だれにも負けない長所があれば良い

そう思っていた。




なぜだろう。



いつからこんなにも

心が

人を拒否してしまうようになったのかな。




全てを否定して


何も信じられなくなって


それでもまだ誰か


この広い世界の誰かが


私を救ってくれると信じていた。



この作品のキーワード
純愛  片思い  純粋  イケメン