まぶしいスポットライトを浴びて、ランウェイを闊歩する。
 盛大な喝采と、方々から注ぐ羨望の眼差しを全身に受けて、湧いてくる のは優越とも愉悦ともつかないなんとも言えない高揚感。
 気持ちよかった。
 ……あぁ、すべてはこの瞬間のために生きている。
 そう、思えた。

 ショーとショーの合間、私は バックステージ の一角で持参した昼食を取り出した。
 全員に配られる仕出し弁当は、受け取らなかった。だけどほかのモデルたちもまた、大多数が受け取らない。
「あれ? 茉里奈さん、それだけですか!?」
 仕出し弁当ふたつを手にやって来たスタッフの相田ちゃんが、私の広げた昼食を覗き込み、驚きの声をあげた。
 演出スタッフとしてショーの裏方を支える相田ちゃんは、ふくふくと丸っこい顔をしたかわいい子だ 。ころころとした笑みは純朴で、モデルたちの洗練されたそれとは比べるべくもない。 だけどどこかほっこりと癒される、そんな雰囲気がある 。
「そうよ」