∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴


視 界 を 彩 る 君 の 姿


この感情が、恋か友情かわからなくて

ただ隣に居たかった


・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・

ギャル女子高生 × オネエ男子高生

奇 妙 奇 天 烈 物 語

・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・


「アンタが正直な子で良かった」

「ここ家賃いくらなの?」

「こんなに大切な存在になるなんて」

「……お願い見ないで」




「好きだから、終わりにさせて」





※未成年者による喫煙及び飲酒は法律により禁止されております。又、作中凄惨と思われかねない描写があるので閲覧には御注意願います。
加えて本作品は、決してそれらの行為を推奨・肯定するものではございません。


( 2013.10.28~2014.4.30 )


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

あらすじ


他人に興味を示さないギャルが初めて心を惹かれたのは、おねえ口調で喋る巷で有名な「王子様」だった。
読者モデル?暴走族?住居はボロアパート!?

この作品のキーワード
不良  純愛  スリル  切ない  オネエ  ギャル  不器用  イケメン  リアル  王子様