ずっと私を女手一つで育ててくれた、優しいお母さん。


「ちゃんと会ってくれないかしら……?」


その母が幸せになるのなら、私は受け入れる気だった。


だけどね?お母様………



**************

「こっ、許斐君…!?」

恋愛よりも二次元が楽しい

溝渕 摩友子

×

「溝渕!?なんで……」

イケメンだけど中身はどうだ

許斐 礼於

**************



“お兄ちゃん”まで出来るだなんて、聞いてないんですけどっ!!



♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪


「どうしよう、私達……」

「オレは受け入れるよ」



ある日出来た義理の兄は、まさかのクラスメイト!

どうにかやって行こうとした矢先、彼の様子が変わり始めて――――…?



「妹だなんて…やっぱり思えない………」

「何を言ってるの……?」


♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪



私達の行き着く先は、神様にしか分からない。

ハッピーエンドを望む事は、そんなにダメな事なのか。



執筆開始:2019 2/21
完結:未定





「私は大切だからね」

「それはどういう意味で?」

※この作品は棗なりに法律等を調べて書く作品です。

これはあり得なくない…?みたいな事もあるかと思いますが、何卒ご了承下さい。


※4/4、100ページ突破!6/9、200ページ突破!

この作品のキーワード
恋愛  義理の兄妹  クラスメイト  中学生  ドキドキ  棗 海桜