『出逢えて良かった』
そう思えたのは、
あなたが傍にいてくれたから。

あなたを失くしてから知った、
たくさんの後悔……。
あたしはいくつ返せるかな?

受け止めることが出来なかった
悲しい現実。
止まっていた時間は
あなたの登場によって動き始める。

あり得ない。
だけど今、隣にいる。


『ワガママ言ってもいい……?
本当はずっと…
このまま傍にいたい!!』


大切な人に逢いたいけど、
逢うことができない人がいる。

愛する人の傍にいられる幸せを
どうか忘れないで……。

この作品のキーワード
恋愛  青春  幽霊  死別  恋人