【密室、暗号、それから――私が解くのは、パズルのようなあなたのココロ。】

大学二年の春、個別指導塾で講師のアルバイトをはじめることになった三宅雪乃は大のミステリー好き。そんな彼女は、バイト先でイケメン先輩講師・成田と出逢い、恋に落ちる。

いつでも、誰に対しても穏やかな微笑みを絶やさない成田。しかしその笑顔の裏には何か秘密があるようで……?

密室、暗号、池のヌシに謎の男。
授業の合間に生徒たちから持ち込まれるのは、日常に潜む小さな謎。
立ちはだかる謎を前にうなり声を上げる雪乃をよそに、成田は持ち前の鋭い観察眼と明晰な頭脳で鮮やかな推理を披露する。

小さな事件の真相は?
成田の抱える秘密とは?
雪乃の恋心と成田の過去が優しく交わる、ミステリー×ヒューマンドラマ連作短編集。

あらすじ

※『2018年度 エブリスタ小説大賞・SKYHIGH文庫賞』最終候補作の改題・改稿版です。
※小説家になろう・カクヨムにも同時掲載中。

この作品のキーワード
連作短編  安楽椅子探偵  過去    密室  暗号  塾講師