「……そ、そういえば、神崎さん、今日はご予定とか、ないんですか?」

さりげなさを装いながらも真剣な眼差しを向けてきたのは、入社以来世話をしている直属の部下・咲島三花だ。

まじまじと覗き込んできた彼女に俺は苦笑する。

その質問は、精一杯勇気を振り絞った結果なのだろう。彼女の心の内は読みやすい。

「仕事だ、仕事」

手元の書類に目を落としたまま、適当にあしらうと、

「そっ、そうですか!」

彼女の声が明るくなったのは明らかで、俺は余計に笑いそうになってしまい、口元を押さえた。

そんなに嬉しいか、俺にバレンタインの予定がないことが。

わざわざ顔を上げなくても、今、その瞳をキラキラと輝かせているのがわかる。

俺のこと、好きすぎるだろ。

まぁ、悪い気はしないんだが。

この作品のキーワード
バレンタイン  ホワイトデー  番外編