もう、夢見る事はやめる……
そう思って10年が過ぎた。




物心ついた時から優くんの事が好きだった。


優くんっていうのは、私の母方の従兄で私より二歳年上、そして男三兄弟の長男。
実家は蕎麦屋。
その蕎麦屋は私の家の二軒隣で、私達は兄弟のように育った。


私は二人姉妹のお姉ちゃんの方で、活発な妹に隠れた典型的な引っ込み思案。
子どもの頃の優くんはそんな私のお世話係だった。
うん? それは今でも変わらないけど…


私は優くんに依存し過ぎてたみたい。
優くんの好物は私も大好き、優くんの好きな映画は必ず観に行く、優くんの話す話は世界一面白い。


私の中の全ては優くんのエッセンスで彩られていた。
優くんで廻っていた私の世界。


従兄とか身内とか関係ない、優くんは幼い私のヒーローで王子様だった。