次の日の朝。


「お嬢様、朝でございます」


拓人の声で目が覚める。

ゆっくり目を開けると、拓人の穏やかな笑みが視界に映った。



「目のほう、腫れてなくて良かったです」

その言葉で昨日のことを思い出す。
あんなに泣いたの、私だって久しぶりだ、


子供みたいに泣いてしまったから、少し恥ずかしいけれど。


泣き止んだあと、拓人はやっぱり私の心配をしてくれて。

目を冷やしたおかげで、痛むことはなく、今日も腫れていない様子だった。


「き、昨日は、ごめんね」



きっと、大泣きした私に困ったことだろう。
思わず誤ると、拓人はまた優しく笑った。


「謝らないでください。私自身、お嬢様の知らない部分に触れられた気がして嬉しかったです」


私の、知らない部分……。

この作品のキーワード
執事  お嬢様  イケメン  甘々  胸キュン  ドキドキ  溺愛  ヤンデレ気質  いいなり