「私たちは、世界のかたすみにいるね」

……彼女の言葉が胸にからみついて、
細い細い、小さなチェーンがつらなって、
ほどけない。切るに切れない。
そんな関係ができあがってしまった。

「きっと私たちなら大丈夫」

そんな言葉を並べて、手をつないでは、
涙のぬぐい方なんて
日を重ねるごとに忘れていった。







あの『春の日』は、大切な大切な宝物だ。
心の奥の鍵つきの宝箱にしまっている。

……そのぶん、思い出からは遠ざかり、
鍵は鍵穴に入らない。

こじ開けなければ開かない、
歪んだ外側だけを、私たちはみることができた。







安桜 瑠奈
あさくら るな

仙波 莉心
せんば りこ

望野 深雪
もちの みゆき

百崎 藤吾
ももさき とうご

丸元 治樹
まるもと はるき





2019.3.30 start


この作品のキーワード
  春の日    かたすみ  まんなか  友情  青春