未設定

あらすじ

自称請負小説家Hisae、彼女独自のスタイルで小説を執筆し製本するスタイルで生計を立てている小説家。預言者になった架空の自分を題材に描いて執筆して欲しいとの依頼。適当に考えた架空の予言が現実に起こってしまう。
本人も自覚のないHisaeの能力とは・・・ さまざまな依頼に応えようとする請負小説家のはなし。

目次

この作品のキーワード
siripa  請負小説家  黙示録  妖精