おちなしの‘詩’です。

目次

この作品のキーワード
独白  暗い