水城野乃花は片想いだった上司の柴崎を亡くし、自暴自棄になっていた。

無理をしてでも働き続ける毎日。
きっと、こんなことをしていれば柴崎に怒られるとわかっていながら。

そんなある日、野乃花の前に死に神を名乗る男が現れ――。

目次

この作品のキーワード
メガネ男子  眼鏡男子  眼鏡萌え  メガネ萌え  大人の恋  上司と部下  オフィスラブ  純愛  恋愛  死神