彼は死者を語らない。

それでも、夜に御伽噺のように話しあった。



目次

この作品のキーワード
死者  弔い