オフィス街の通りに大きな桜の木がある。

就職活動を始めた去年の4月。

これから戦う就職活動に気合いを入れた私は、
桜の木の下で悲しそうな顔をしている男性を見かけた。

周りは慌ただしく動いている人混みの中で、
桜の木とあなただけは静かに時間が止まっているみたいだった。

その景色があまりにもキレイで目に焼きついて離れない。

この作品のキーワード
謎の男性    年上