「えーっと、これはこっちかな。うーん、それともあっちがいいかな」


長いレザーソファにクッションを並べながら、あれこれと思案する。

野々花は、加賀美の新居となるマンションで、引っ越しの手伝いをしていた。

加賀美の父親の日本赴任が決まり、明後日には帰国予定となっている。加賀美は再びひとり暮らしを始めるのだ。

野々花のアパートからも近いその部屋は、緑豊かな個人邸宅や瀟洒な集合住宅が街並みを形成する中にあり、とても静かな低層マンションである。

リビングダイニング、寝室のほかにもふた部屋あるという贅沢な間取り。広いバルコニーには季節に応じて植物を置いたら素敵だろうと、自分の部屋でもないのに想像力が働く。

ふたりが付き合い始めて一ヶ月が経過しようとしていた。


「野々花」


不意に手をとられたかと思えば、加賀美に強く引き寄せられる。

この作品のキーワード
上司  オフィスラブ