*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*


自己中で、自分勝手すぎるかもしれない。


それが原因で、キミを傷つけるかもしれない。


……でも。


ーーーーオレの未来に、キミがいないのは嫌なんだ。


*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*


このお話は、【七つ下がりの雨だって、いつかは上がってしまうのに。】の、煌樹視点の続編となっています。

前編読了後推奨です。

番外編【雨が降っても、槍が降っても。】公開中です。


*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*

この作品のキーワード
短編  続編  幼馴染