春だというのに寒波が日本中を覆いつくした寒い日である。



厚手のコートに身を包んだ野上原 弥生(のがみはら やよい)は夜の公園のブランコに座り、スマホ画面を見つめていた。

求人広告である。

現在の彼女の年齢は四十三歳、職歴はあるが二十年前のことだ。

当時二十代だった彼女は事務仕事に就いていたが、パソコン自体が進化しているし、今さらそんな職歴が何になるのか。


弥生はため息をついた。


息が白い。
桜が満開の関東では四月とは思えない寒さだ。
花冷えという言葉はあるが、度が行き過ぎではないかと思う。


背中まである長い髪をひとつに束ねている。
卵形の輪郭に整った目鼻立ち。

細身の体型だが年齢による肌のたるみ、小じわは多少見られるものの、年齢相応の美しい女性だった。

弥生は結婚して十七年目になる。

二十六歳の時だ。

三十歳で子供を初めて身籠ったが胎児は発育不良で死亡、子宮内で胎盤癒着を起こし摘出手術を行い、以降子供は望めない体になった。


結婚を機に仕事を辞め子供のこともあり専業主婦でいたが、このままで良いのか考えるようになり働くことを考え始めた。


夫の両親は云わないが、子孫を残せないことは良くは思っていない。

夫も気づかい何も云わない。

それだけではなく子供の頃の育ちにも難ありなのだが、夫はそれを受け入れてくれた。

それが弥生には嬉しい反面、苦しく思えることがあった。