津田の優しさと気づかいが身に染みる。

弥生は素直に感謝した。


「今からは、どうされるおつもりですか?」
「ほとぼりが過ぎたら、帰ります。どうしようもありませんからね」


津田の瞳の奥で、捕食者めいた色で弥生を見つめる。
弥生は気づかない。



「良かったらおれの家へ来ませんか。女性が夜、ひとりで外にいるなんて良くありませんよ」


弥生は目を丸くした。


「で、でも」
「気にしないで。困った時はお互いさまですよ。シングルなので、嫁さんもいないですし」


津田が笑ったとき穣が戻ってきた。


「もうブランコしてもいい?」
「おお、いいぞ。よく我慢したな」
「うん!ぼく云うこと聞けるよ」



嬉しそうに父親にブランコを揺らされる穣を見つめ、弥生は自然と笑顔になった。


「ブランコが好きなのね。この前も……」


云いかけて弥生は慌てて口を押さえるが、津田は訊き逃さなかったようだ。


「この前?」
「……実は」


弥生は先週、二人に出会っていたことを話した。
その言葉に津田は思い出したように、表情を明るくさせた。



「ああ、あのとき隣のブランコにいたの、野上原さんだったんですね。偶然だな」

「仕事帰りだったんですね」

「ええ。今もですが、たまに遊んでから帰るんです」



津田は笑った。
弥生は津田の笑顔が眩しく感じた。

こんな風に笑う人間を見たのは、久しぶりだった。
夫と笑って会話することもない。



「どうして公園にいたんですか?あの夜は、寒かったよなあ」



津田の言葉に弥生はドキリとした。
急に砕けた言葉づかいになったこと、理由を訊かれたからだ。



「実は、あの夜が最初の浮気現場を見た日で、求人を探していたんです。店長がお帰りになられた後、求人を決めて申し込みました」

「そうだったんですか。その偶然もすごいな」



津田は笑顔で頷いた。
父親を慕う穣の姿は弥生を微笑させる。

その姿は弥生の考えを改めさせた。


「私、やっぱり今日は帰ります」


弥生はブランコから立ち上がる。
津田は弥生を見上げる。



「津田さんのご厚意はありがたいのですが、男性の家へ上がる軽率なことをしたくないんです。……ただ、ひとつお願いがあります」



愛人と夫の不貞の証拠写真だ。

今から帰ったら、スマホを操作されて隠滅される恐れがある。
だからそれを津田に保管してもらいたかった。



津田はそれ以上は云わず、頷いた。



「お安いご用です」
「気持ちの悪い写真で、すみません」




無料通話メールアプリを使い、写真を津田に転送する。
一応メールも使い、そちらでも画像を保管してもらった。


「責任を持ってお預かします」


津田が云った。


「本当にすみません」


弥生は頭を下げる。


「では明日、また連絡します」
「はい。よろしくお願いします」
「バイバイ!」



穣が父親の手を繋いだまま振り返る。

弥生は手を振り、やっぱり断って正解だと思った。

あんな小さな子供がいる家に見知らぬ、しかも泥沼になりそうな女が上がり込んではいけない。


弥生は親子を見送ると自分も自宅へ戻って行った。