特殊繊維を使った商品展開に、医療関連用品が正式に加わる事となった。

製縫を下請け会社に依頼をするのだが、最終的に絞られた関連会社は二社。
それぞれ見積りを出してもらい、委託となる。

鴻江は二社の書類を見比べる。


「昔からの付き合いの、こちらの会社にしようか」


鴻江が入社当時からの付き合いの製縫メーカーだ。


「しかし課長、こちらの工場の方が安く済むのではありませんか?新しいから設備も整っているし」


開発部の若者が答えると、鴻江はため息をついた。


「君はわかっとらんな。新しい工場は経験不足だ。こちらの方が良品ができる。わかったか」
「は、失礼しました」


鴻江は大層らしく頷く。