アルバイトを始めてから弥生は、接客をすることで以前よりも見た目に気を使うようになった。

静からアドバイスを受け、スキンケア、日焼けにも気をつけている。

結果、弥生は若々しく魅力的な女性となり、人を惹き付けるようになった。

専業主婦であった頃よりも積極的で活動的になり、近頃は自動車教習所に通い始めた。

普通自動車運転免許証は二十年前に取得しているが、今暮らしている場所は交通機関が発達し、車がなくともさほど困らなかったので、長い間ペーパードライバーだった。

甥と姪の送迎に車を使っていたが、あとは夫の隣で一緒に出かけるくらいだ。

だが助手席で夫に運転を任せるのではなく、自分で好きな場所へ行きたいと弥生は考えるようになり、教習所へ再び通っているのである。


時間がある時、津田が忙しいときは度々、穣に本を読んだり遊んだりしている。


「おばちゃんの余計な、お節介です」


弥生は笑っていたが、率直にそれがありがたく津田は感じていたし、後台も静も事務所で一人でいた穣の心配が減り、仕事に没頭できるようになり、効率が良くなった事を実感していた。



「弥生さん、お子さんがいたら、さぞいいお母さんになっていただろうな」



津田が呟く。


事務所では静と津田が、それぞれパソコン画面を見つめキーボードを叩いていた。


穣のお泊まり会が近いのだが、荷物の準備を弥生と一緒にしたらしい。
服や下着は自宅で津田が用意したが、他は揃っていた。
公園散策の為の虫除けも、店で購入し用意したようである。



「母性を感じますね。メイクも上達しましたし」



静がパソコンのキーを叩きながら頷いた時、電話が鳴った。
店内の電話はPHSを使っているのだが、それを津田が充電器から取り耳に当てる。



「お電話ありがとうございます。ドラッグストア、ナーキアでございます……ああ、次長。この間はどうも……はい。……はい」



津田は椅子の背もたれに身を預ける。
静がパソコンから、上司に顔を向けた。



「またまた。おれなんかじゃ、足手まといになるだけですよ。……ああ、そうして下さい。白衣の件は仕方がない、引き受けますよ」



適当に談笑し通話を切る。
どことなく怪訝な表情をしている静に気付き、津田は口を開く。


「新しい白衣の試着だとさ。なんでも、特殊繊維が練り込んであるらしくて」


メーカー側からの依頼で、着心地や耐久性に対する現場からの感想が欲しいのだという。