ベッドの後。
「話があるの」
「どんな?」
 彼が言った。
「ねえ、結婚しよう!」
 と、私は言ってみた。

 …また失恋か。
 なんか寂しい。身体が…。

 私は、その日、出会ったオトコとした。

 ずっと、こんななのかなあ…。
 だったら、カネのために付き合おうか?オトコと。

 三週間で、一千万円貯まった。
 でも、なんか虚しかった。心じゃなくて、身体が…。

 私は、オトコたちからお金を吸い上げ、そのお金でオトコを買い、身体を満足させた。

 不思議と、心は痛まなかった。ただただ、身体が満足して、充実した毎日だった。

 マンションをいくつか買った。一つ一つのマンションにオトコを囲って、その夜の気分で、行くマンションを決めた。

 …幸せなのかな?充実はしてるけど。

 私は、カネになりそうなオトコを、夜の街をうろついて、今日も探した。新しい、囲うオトコを探しつつ。

この作品のキーワード
失恋  オトコを囲う