勇平の側にいたい。

麻奈がそう思ったのは、確かだ。


だけどなぜか、自分の気持ちを、ストレートに表現できない。

まだ好きという気持ちを、言ってはいけない気がした。

それはたぶん、麻奈がまだ、正也の事を忘れてはいないと知っていたからだろう。


そんな事を考えながら、麻奈は帰宅した。

「ただいま~」

家の中から、勇平の返事がない。


「まだ、帰ってないのかな。」

今までは、返事がなくても気にしなかった。

相手は大人だし、それに干渉できるような関係じゃなかった。


それが、なんだろう。

好きだと気がついた途端に、今、勇平が何をしているのか、麻奈はとても気になる。

恋とは、自分勝手なものだ。


その時、玄関のドアが開いた。

「あれっ?麻奈さん、先に帰ってたんだ。珍しい~」

「私だってたまには、早く帰ってくるわよ。」

勇平の手には、たくさんの荷物が、ぶら下がっていた。