真面目な後輩に心を許していた私。


危険なニオイに気づいた時にはもう
手遅れだった───








この作品を読むには三宅 あおいさんのファン作家登録が必要です。

この作品のキーワード
大人の恋  短編  先輩  後輩  甘々