その日の午後、驚くべきことがあった。
暗いと印象を持っていた研修社員の彼から、「今夜一緒に食事をしませんか?」と誘われたんだ。

一瞬、「え!?」と耳を疑った。
まだ仕事も教えてないうちから、何言いだすの!?と呆れもしたが……。


「俺、どっちかと言うと人見知りが強くて。だから、親睦を深める意味で一緒に食事してみたらいいんじゃないのかと思いまして」


昼休みの間に色々と考え、そういう結論に達したんだとか。


「あの…」

「ダメですか?」


なんか真面目な顔つきで願われるから言葉に詰まる。
私としては、今日は仕事が引けたら智司に連絡をして、お願いだからもう一度会って話をしようと言うつもりでいたんだけれど__。


(でも、この人がこんなに真剣に考えてきたのに、それを無下に断るのもな)


智司にはあんなにハッキリと別れを告げられたんだ。
きっと私が会いたいと願っても、彼には迷惑なだけかもしれない。



「……いいよ」


食事だけなら、と言うと、若干唇の端が上がる。