「きゃー!!!!」



頭が痛い。体が痛い。

声が出ない。


沢山の悲鳴が聞こえ、やっとこのとで目を開けるが、視界が霞んでよく見えない。


理解したのは、自分が車に引かれたということ。



3年前に両親が他界してから、ずっと一人きりだった。
駆け落ち同然で結婚した両親なので、親戚もいるのか分からない。
私が死んだら誰がお葬式してくれるんだろう、頭の中は変に冷静でそんなことを考えていた。



瞼が重たい、、


私の記憶はそこで途切れた。



この作品のキーワード
転生  王子  王子様  ツンデレ