わた雲が浮くあの夏の日、君は儚く散った――――


この町にはつらい記憶しかない
君を想い続けた心が残ったまま
僕はわた雲に君を重ねた


この作品のキーワード
  青春  片想い  切ない  わた雲  短編小説