「私のこと、愛してる?」
 イスに縛りつけた男に、銃口を向けて聞いた。
「…ああ」
「ありがとう」
 私は笑顔で引き金を引いた。

 私はオトコを殺すのが好きだ。でもそれは比喩。ホントに殺したのは最初。
 オトコを夢中にさせて、丸裸にして路上に放り出すのが好きなの。

 一生困らないお金はもう貯まった。
 ペットのオトコでも探そうかな?

 私はカフェでスマフォをいじっていた。
「…すいません」
 さえない大学生らしいオトコが声をかけてきた。

 朝、ベッドで、その大学生を起こした。
「美容室と洋服を買いにいくわよ!」

 一からペットのオトコを作ってみようと思った。

 一か月後。まあ、だいたいいいかな?

 こいつはマンションを与えておいて、趣味のオトコを殺すのをしたくなった。狩りね。
 お金を持っていそうな、真面目なオトコを探す。

 …なんか退屈。やっぱりホントに殺さなきゃダメかな?

 私に夢中にさせて殺す。んー、想像しただけで興奮しちゃう!

 …私って、異常かな?ナイフで手首を切る。
 なんか、気持ちいい。
 私、オトコを殺すんじゃなくて、自分を傷つけたいんだ。

 それから、私のSMクラブ通いが始まった。

 んー、気持ちいい!イジメられるの!

 趣味が見つけられてよかった。

この作品のキーワード
男を殺す  お金を手に  ペットの学生  育てる